消費者金融の審査に通る為のポイントを解説

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。



消費者金融の審査に通る為のポイントを解説致します。審査落ちを避ける為に知っておくべき知識や申し込みの際の注意点を記事にまとめました。

どのような原因で審査に落ちてしまうのか?審査に通る為には何を知っておく必要があるのか?私の利用歴・実体験を元に情報をまとめております。

消費者金融を利用して、確実にお金を借りたいという方必見の記事です。



消費者金融の審査に通る為のポイント

消費者金融の審査に通る為に知っておくべきポイントはいくつかあります。特に理解しておくべきポイントに絞り、下記の4点にまとめました。


  • 借入希望額に関する知識
  • 総量規制
  • 申し込み時の注意点
  • 複数社への申し込み

確実に審査に通る為に、上記4点のポイントは確実におさえておく必要があります。知識がある上で申し込みをするのと、知らないで申し込みをするのとでは確実に結果は変わってきます。

上記4点の詳細を詳しく解説致します。





収入に合った借入

  • 借入額は年収から逆算する

年収が200万円の方が、100万円の借り入れを希望したとしても、かなりの高確率で審査に落ちてしまうでしょう。

融資する消費者金融は、返済能力が確実にある方にしかお金を貸してくれません。ですので、自分の年収を度外視して借入の希望をしてしまう事のないように、年収から逆算した金額で借入希望の申し込みをするようにしましょう。



具体的な数字としては、借入する金額が年収の3分の1以下であるという事です。年収が200万円の方であれば、約66万円を借入の上限として目安にしたうえで50万円・40万円と言った金額の融資を希望する事が重要です。





総量規制を知っておく

  • 借入総額が年収の3分の1以下

キャッシングを利用する際に適応されるルールですが、借りすぎの防止の為に総量規制という制度があります。

年収の3分の1を超える借入をしてしまい、返済不可能となったあげく、任意整理や債務整理、自己破産をしてしまう事のないように設けられた制度です。



対象となる借り入れは以下の2つ

  • 消費者金融のキャッシング
  • クレジットカードのキャッシング枠利用分

銀行系カードローンは総量規制の対象外となります。現在既に借入がある方は、今ある借金が幾らあり、年収の3分の1に対して、どの程度の割合でお金を借りているか把握をしたうえで、新規に借入の申し込みをすることが審査落ちを回避するポイントとなります。





嘘の申し出をしない事

よくある失敗例として、現在の借り入れ総額や年収をごまかして申し込みをした結果、審査に落ちてしまうというパターンがあります。

あなたの借金総額は信用情報機関を通して、消費者金融業者は確認出来るようになっておりますので、虚偽の申告は絶対にしてはいけません。併せて年収にかんしても、ごまかして高く申請すれば審査に通るということは絶対にありませんので、どちらも正確な数字で申し込みをする必要があります。




審査に通りたいが為に、現在の借金総額をごまかして審査に落ちてしまうケースは多いと言えるでしょう。平気でうそをつける人にお金を貸すという行為は、貸付企業視点から見ても大きなリスクになります。





短期間で複数社へ申し込むのはNG

  • 申し込み履歴は信用情報機関に残る

あなたが消費者金融やカードローンなどに申し込みをした履歴は、信用情報機関に一定期間残るようになっています。消費者金融の審査に落ちたからといって、立て続けに違う会社に申し込みをする行為は、信用情報として非常にマイナスに働きますので避けるようにしましょう。

審査落ちを経験された方は、なぜ落ちたのかを明確に確認した上で、返済能力があり確実に融資を受けられると確信に変われば、期間を開けたうえで申し込みをする事をお勧め致します。



審査落ちの原因

  • 収入以上の借入を希望した
  • 借入総額が年収の3分の1を超えていた
  • 虚偽の申告をして申し込みをした(現在の借金総額など)
  • 短期間で複数の消費者金融に申し込みをした

上記の例をしっかりと把握したうえで、次申し込めば審査に通るという確信をもって利用するべきです。年収と借入総額の関係性は確実に把握しておきましょう。





まとめ:消費者金融の審査に通る為のポイント

  1. 年収の3分の1を意識
  2. 現在の借り入れ総額は正確な数字を
  3. 複数の消費者金融に短期間で申し込みをしない

上記を確実に意識して利用するようにしてください。収入に見合った借り入れしか出来ないようになっています。お金を借りたい場合は年収の3分の1から逆算をして借入の申し込みをするようにしてください。




  • 実際に消費者金融を利用したい

先述してきたポイントを踏まえ、消費者金融を利用したいという方に向けて、数ある消費者金融を、おすすめ出来る9社に絞り、ランキング形式にして比較できるように記事にまとめました。

実際に消費者金融を利用する際に比較するべきポイントを簡潔にまとめておりますので、あわせてお読みください。

▼参考記事

キャッシング【最新版】ランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTブログ運営者

yasutaka

運営者・ 地方在住29歳 発信情報・ 金融/キャッシング 職業・  フリーランス 情報源<ソース> 運営者が会社員時代に消費者金融を4社、銀行ローンを1社利用し 実際にキャッシングやローンを利用した際の実体験を元に 情報発信を行っております。