この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。



プロミスレディースキャッシングに関する情報を完全解説致します。

申し込み前に読んでおいて頂ければ、安心してプロミスレディースキャッシングを利用することが出来ます。

プロミスレディースキャッシングのすべてが詰まった記事です。



プロミスレディースキャッシングとは

  • 女性の為のキャッシングサービス

女性が不安に感じる点を取り払い、安心して利用できるように特化したサービスがプロミスレディースキャッシングです。


申し込み時に電話でやり取りする場面がありますが、すべてにおいて女性オペレーターが対応してくれます。電話の相手が男性だと、萎縮してしまう、聞いておきたい事が聞けないという方も多く、そのような不安がないように改善された女性の為のキャッシングサービスです。





主婦の方でも利用可能

  • 安定収入があれば問題なし

借りたい金額の3倍の年間収入を目安にしましょう。10万円借りたい場合は年間の収入が30万円以上安定して得ている事が最低条件になろうかと思います。

今現在、他社からの借り入れがある方は、借入総額が年収の3分の1を超えてしまうと審査に落ちる可能性は非常に高くなりますのでご注意ください。

※年齢制限あり:年齢20歳以上、69歳以下




パート・アルバイトでも安定収入があれば審査可能

  • 借りたい金額の3倍の年収があれば

パート・アルバイトの方は利用不可能というキャッシングサービスも多くありますが、プロミスのレディースキャッシングなら問題なく申し込みすることが出来るようになっています。


5万円借りたいという方は、毎月収入があって、年間で最低でも15万円以上の収入が必要となります。

ポイントは、安定した収入が毎月あるという事と、借入総額が年収の3分の1を超えない範囲であることが重要です。

※年齢制限あり:年齢20歳以上、69歳以下




申し込みに必要な物は?

  • 本人確認書類

【運転免許証】・【パスポート】・【健康保険証+住民票】

運転免許証で有れば、免許証一つで可。運転免許証が無い方は、パスポート一つで可。どちらもお持ちでない方は、健康保険証と住民票をセットで提示すれば利用が可能です。


  • 提出書類の住所と、いま住んでいる住所が異なる場合は下記のいずれか書類をあわせて提出する必要があります。
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

現住所が解るように、上記の中から1点、6ヵ月以内に発行されたものが必要になりますのであらかじめ用意しておく事をおすすめします。





プロミスレディースキャッシングの審査の流れ

プロミスレディースキャッシングを利用する際の申し込みの手順は以下の流れとなっております。

  1. スマホ・パソコンから申し込み
  2. 審査
  3. 契約(ネットで完結)
  4. 借入


申し込みから借り入れまでの所要時間は、おおむね1時間30ほどです。

申し込みフォームは非常にシンプルで15分もあれば入力可能で、即審査に入って貰えます。

混雑時でなければ最短30分で審査も完了します。



プロミスのレディースキャッシングは、申し込みから審査までネットで完結するサービスとなっておりますので、専用の窓口やATMへ向かう必要もありません。

審査に通れば指定口座にお金を振り込んでもらえるので口座登録をするのですが、その際に口座やアプリ等で本人確認を行っております。





家族に内緒で借りたい

  • 郵送物で家族に借金がバレる

キャッシングしている事が家族に知られてしまう例として、郵送物を家族が見てしまってバレてしまったという事があります。

その点、プロミスのレディースキャッシングであれば、契約書などはweb確認で郵送物無しというサービスを利用することが出来ます。また、振り込み型のキャッシングを利用できるのでカード発行は不要と希望しておけば、カードが郵送されて来る事もないので、家族にバレてしまう可能性はぐっと低くなろうかと思います。





プロミスレディースキャッシングは在籍確認が必ず有る

  • 職場への在籍確認

プロミスレディースキャッシングを利用するうえで、職場への在籍確認は避けることが出来ません。


個人名で電話が入るようになりますが、発信者はフルネームで名乗り、あなたをフルネームで呼び出ししますので、何かしらの在籍確認で有るという事は察しのいいかたであれば気づいてしまいます。

どうしても知られたくないという方は、外線連絡は自らが取る、あるいは電話応対をしている方に協力してもらう、または噂になってしまわないように綺麗な嘘を付く(新しくクレジットーカードを作ったから)など考えておくと良いでしょう。





プロミスレディース 融資の条件

  • 商品内容・貸付条件
融資額1万円 ~ 500万円
金利適用方式単一金利
契約額指定の契約額(極度額)の範囲内で、審査上決定した金額
返済方式残高スライド元利定額返済方式
借入利率4.5%~17.8%(実質年率)新規契約の方が対象となります。
遅延利率20.0%(実質年率)
返済期日5日、15日、25日、末日の中から、お客さまのご都合にあわせてお選びいただけます。
三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替によるご返済を希望される場合、ご返済期日は5日となります。
返済期間最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
お申込みいただける方年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。
資金使途生計費に限ります。
担保・保証人不要

  • 覚えておくべきポイント!
  • 1万円単位でお金を借りることが出来る
  • 金利は17.8%
  • 返済日は、5日・15日・25日・月末から選べる

返済日は、あなたの給料日に併せて選ぶことが出来るので安心です。





30日間無利息サービス

  • メール登録とWEB明細の利用で30日間利息が0円

はじめて契約する際、メールアドレスを登録し、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択しておけば、30日間無利息のサービスを利用することができます。

借入総額を少しでも安くするために、30日間無利息のサービスは確実に利用するようにしましょう。





プロミスレディースと他のキャッシングの違いは?

  • 女性のために、女性スタッフが応対してくれる安心感

他社のキャッシングを利用した場合、申し込みが終われば一度電話連絡があります。その際はほとんどが男性の方から連絡がありました。


申し込みに間違いが無いか?不安な点はないか?確認してくれますが、もし男性が苦手な場合や、少し高圧的に聞こえる口調であれば不安ですよね?

そのような事が無いように、レディースキャッシングは他のキャッシングサービスとは異なり、女性のために女性スタッフが対応してくれるサービスとなっております。





プロミスレディースのデメリットは?

  • 実質年率17.8%の利息

プロミスレディースだけに言える事ではありませんが、消費者金融のキャッシングは金利が高いです。金利だけ考えれば銀行系カードローンの方が確実に低金利ですが審査は厳しいです。

消費者金融の強みは、金利は高いがスピードは速い。その日の内にお金を借りる事が出来る。銀行系カードローンの強みは金利の安さ。デメリットは審査の厳しさと融資までに時間がかかるという事。どちらも一長一短であり、プロミスレディースの金利の高さだけがデメリットと言い切ることも出来ません。





他社のレディースローンと比較

  • プロミス
  • セントラル
  • フクホー

消費者金融3社のレディースローンを簡単に比較してみました。プロミスの良さが目立つ結果となっています。

会社名・サービス比較融資額実質年率即日融資
プロミスレディース1万円~500万円17.8%
セントラル マイレディス1万円~100万円18.0%
フクホーレディース5万円~200万円15%~20%


各社のサービスを簡潔に説明します。

・セントラルは時間帯によっては即日融資は不可能(夜間の申し込みなど)

・フクホーは平日14:00までの申し込みであれば即日融資の相談も可能

・フクホーは初回利用の方は最大50万円までの融資が上限

・フクホーは2段階審査で、仮審査と本審査がある

・フクホーは提出書類として住民票の原本が必要

他社のレディースローンと比較をしても、プロミスのレディースキャッシングは解りやすく、利用しやすい条件であり、その日の内にお金を借りる事も出来るといった条件を取ってみても、優れたサービスであると言えます。





プロミスレディースを実際に申し込みしたい

  • ネットで完結するから来店不要
  • 郵送物不要に出来るから家族に内緒に出来る
  • 女性が対応してくれるから安心
  • 他社のレディースローンと比較しても優れている

以上がプロミスレディースが選ばれている理由です。女性がお金を借りるならレディースキャッシング。レディースキャッシングで最も優れているサービスはプロミスレディースです。

▼プロミスレディース公式サイト

プロミス(レディースキャッシング)



返済シミュレーション

実際に借入をする前に、返済計画はじっくり・確実に立てておく必要があります。

  1. 借りる金額
  2. 毎月の返済額
  3. 利息を含めた支払い総額
  4. 完済日がいつか

上記の流れで4つのポイントは絶対に抑えておいて下さい。計画性のない借り入れは借金を長期化させてしまいます。毎月の返済額も最初から把握しておかないと、今月はお金が無いから返済に充てるお金が無い。あたらしくお金を借りなければならない、といった自転車操業に陥る人も少なく有りません。



借りる前には返済計画を。5万円借りるなら、毎月いくら返していって、いつ借金が無くなるのか、それは誰に質問されても答えることが出来る位に自分で意識しておく必要があります。公式サイトでは返済シミュレーションのフォームがありますので、借りたい金額を入力して、何回で返すのかをシミュレーションしておく事をお勧めします。

  • 返済シミュレーションの例
借りる金額毎月の返済額返済回数
10万円4,000円32回
20万円8,000円32回
30万円11,000円36回
40万円11,000円53回
50万円13,000円58回

10万円借りて、毎月4,000円返す。返済期間は2年と8カ月。借りる前には確実に返済シミュレーションをして、細かい返済計画を立てておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTブログ運営者

yasutaka

運営者・ 地方在住29歳 発信情報・ 金融/キャッシング 職業・  フリーランス 情報源<ソース> 運営者が会社員時代に消費者金融を4社、銀行ローンを1社利用し 実際にキャッシングやローンを利用した際の実体験を元に 情報発信を行っております。