消費者金融5社目の借り入れは絶対にダメ!借金総額を把握していますか?

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

消費者金融5社目の借り入れは絶対にダメ。引き返せる内に手を打たないと借金地獄から抜け出す事は出来ません。あなたが今、取るべき行動は2択。

これ以上苦しい思いをしないように、具体的な対策を解説いたします。



  • 取るべき行動は2択
  • これ以上借金は増やさない
  • 本気で借金地獄から脱却するために


消費者金融5社目の借り入れは絶対にダメ

実際に私が借入をしている時に、最大4社までの借り入れがありましたが、5社目の新規申し込みは審査に落ちる結果となりました。一部の消費者金融は4社以上の借り入れがある方は申込不可と定めている企業もあります。



  • 総量規制

年収の3分の1を超える借金が無いように、消費者金融のキャッシングを利用する場合は、借入総額が年収の3分の1以内で収まっている事が前提になっていますが、4社から借り入れをしている次点で上限に迫っている人がほとんどです。




消費者金融5社目以上は、審査に通らない方が良い

資金繰りが順調であれば、借入が4社になることは無かったでしょう。それは私も同じでした。各社の毎月の返済総額が5万円を超えていたので、自転車操業をしており、もちろん5社目の申し込みもしましたが審査には落ちました。



いま、あなたの状況は大きな分岐点と言えるでしょう。多重債務から抜け出せなくなるか、あるいは借金完済に向けて行動できるラストチャンスである状態です。

これ以上借金が増えれば、借金完済に向けての選択肢は非常に少なくなってしまいます。借入が4社である今の内に出来る、借金完済の手段を詳しく解説していきます。





おまとめローンの利用

  • 借金完済に向けて、第一に取るべき行動

おまとめローン・借り換えローンは、多重債務を脱却して借金完済の道筋をみなおす、非常に有効な手段です。あなたは今ある借金が総額でいくらあり、借金が0になる日がいつなのかを正確に把握できていますか?


おまとめローンは今ある借金を1社からまとめて借り換えをして返済計画を見直すものとなります。毎月の返済は1社、借金完済の日も明確になり、場合によっては借り換えた事により利息分が安くなる可能性もあります。5社目の申し込みをする前に、まずはおまとめローンに着手して完済までの道筋を見直すことが最優先であると言えます。



  • おまとめローンに関して

実際におまとめローンを利用する際に、どのようなサービスで、どのような企業が提供しているのかをまとめましたのでご確認ください。

▼参考記事

おまとめローンって何?



弁護士事務所への相談

現在の借り入れが4社あり、5社目の借り入れ先をお探しの状況であれば、あなたの資金繰りはかなり厳しいものであると言えます。あなただけの力で借金問題を解決させるには非常に困難であると思います。



先ほど述べたおまとめローンの申し込みは第一にやるべき事ですが、審査に落ちてしまう場合もあります。既に申込をしてみたけど通らなかったという様な状態であれば、次に取るべき行動は弁護士事務所への相談です。





消費者金融5社目が、メスを入れるべきタイミングであることを理解する

弁護士事務所に相談と言われると、物凄く大げさな事に思いますが、現在の借金が4社からある状況と言うのは立派な多重債務であり、本当に早く手を打たないと再生出来なくなる可能性もある事を自覚するべきです。


5社目の新規借入先を探す事は避けて、借金完済に向けた行動を取る。確実に借金問題を解決に向けて前進させるなら、弁護士事務所に相談をする必要があります。




弁護士事務所が出来る事、4つ

  1. 任意整理
  2. 特定調停
  3. 自己破産
  4. 個人再生

借金問題を解決するために弁護士事務所が出来る事は以上の4つです。自己破産に関してはある程度想像が付くとは思いますが、本当に最後の手段です。簡単に着手するべきではありません。

この4つに関してもう少し詳しく解説致します。




任意整理

  • 既に債務が無い(債務不存在)
  • 不当な利息を返してもらう(不当利得返還請求)
  • 払い過ぎた利息を返してもらう(過払金返還請求)

任意整理とは弁護士が法律のもとに債権者と交渉して出資法、利息制限法で計算し直し、債務不存在・不当利得返還請求・過払金返還請求などの方法を用いて、正当な残債がある場合は合意和解の上無理のない一括、分割返済をしていく法的手段です。


一般的に良く聞く過払い金の請求などが、任意整理にあたります。




特定調停

特定調停とは裁判所のもと調停委員が仲介に入って、借金を利息制限法に基づき計算し直してもらい、元金の減額、利息カット等を協議和解して、余裕のある分割返済をしていく法的手段です。

平たく言うと、確実に返していくから少し返済額を見直してよ。と言う様な交渉が特定調停になります。




自己破産

自己破産とは、借金超過で支払い不能、支払いが困難に陥っている債務者(法人・個人)を救済して再建のチャンスを与えるべく、借金を『ゼロ』にする法的手段です。

自己破産はある程度想像が付くと思います。借金をゼロにする代わりに、金融ブラックリスト入りをして、社会的信用を失うものです。本当の最終手段ですね。




個人再生

個人再生(小規模個人再生・給与所得者等再生)は、自宅・所有物件等の不動産を守りながら、住宅ローン以外の借金を大幅に減額して、(確定債務額の5分の1又は100万円のいずれか多い額、100万円未満はその債務額)ゆとりのある分割返済をしていく法的手段です。




消費者金融5社目の借り入れは、立派な多重債務。一人で悩んでも解決しない

とにかく借金問題は一人で悩んでいても解決しません。まずはおまとめローンに申し込みをする。ダメだったら弁護士事務所に任意整理の相談をする。本当に手を打たないと取り返しのつかない事になります。

現在4社から借り入れをしているあなたの状況が、引き返しが出来る最後のチャンスであると私は考えます。優先順位の1位はおまとめローンの申し込み。審査に落ちてしまったら弁護士事務所への相談をするべきです。



本当に苦しい返済の中にあってもなかなか債務整理に踏み出せない人はたくさんいます。ですが、そのまま返済生活を続けていても、いつか限界が来てしまうでしょう。任意整理に対して不安がある、本当に正当に利用できる?デメリットは無いの?

そのような疑問に関しても無料相談に乗ってくれます。何もしなければいつまでも出口の見えない返済生活を送る可能性もありますので、相談は無料ですから一度、問い合わせをしてみて下さい。

▼任意整理に関して無料相談が受けられる弁護士事務所

「全国無料対応!ゆっくりしっかり長時間借金相談!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTブログ運営者

yasutaka

運営者・ 地方在住29歳 発信情報・ 金融/キャッシング 職業・  フリーランス 情報源<ソース> 運営者が会社員時代に消費者金融を4社、銀行ローンを1社利用し 実際にキャッシングやローンを利用した際の実体験を元に 情報発信を行っております。