仕事辞めたいけど辞めにくい|必要な事は嫌われる覚悟ですよ?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。



仕事を辞めたいけど、辞めにくい。

会社辞めたいけど、と言いながらも辞めれていない人は多いと思います。辞める事を相談すると、精神的な負担は確実に発生します。


しかしそれらはすべて嫌われたくないという気持ちもあなたにあるからでは無いでしょうか?嫌われてもいい・どう思われてもいいという覚悟があれば案外簡単に辞める事ができますよ?



仕事辞めたいけど、辞めにくい。

  • いい人に多い、この悩み

あなたが辞めることで発生する負担や

周りに迷惑をかける

そのような事を常に考える、良い人は

なかなか仕事を辞める事が出来ません。

しかし必要な事は一つだけ

嫌われる覚悟です。



辞めたいけど、辞めにくい。あなたは誰かからの目線や評価、関係性におびえていませんか?

未来を作るのは、あなたの現在の行動です。
今が非常に辛くて、我慢した状態で積み重ねた未来は、明るいと確信が持てますか?

辛い。我慢。不満。
今、あなたが未来に対して積み重ねているのは
負の遺産ではありませんか?





給料が安い。勤務時間が長い。人間関係にも疲れた。

こんなにも明確に辞めたい理由もあり、負担だって大きいし我慢もしている。なのに、辞める事が出来ない、一歩踏み出せない人は本当に多いです。



  • 給料が安くて会社を辞めたいという方へ

給料が安くて会社を辞めたいという方が取るべき行動は、この記事でお伝えしたい事と少し異なります。給料が安い...こんな給料じゃやっていけないという方はこの記事で対策をまとめております。

▼参考記事

給料が安いから転職したい。あなたがこれからとるべき行動を解説

私自身、同じように悩み踏み出す勇気もありませんでした。本当に我慢の連続でした。でも、こんな環境が何十年も続くのは嫌だ。本気でそう思った時に動きました。私は退職代行のサービスを利用し、会社を辞めました。





とことん嫌われてもいい、という覚悟で仕事を辞めるべき

なぜ辞めにくいのか、一般的な傾向

  1. 会社からの目
  2. 上司からの目
  3. 同僚からの目
  4. 世間からの目


今、辞めたら会社に迷惑をかける。

今、辞めたら上司に止められる。

今、辞めたら同僚に負担をかける。

今、辞めたらもったいないと周りが言う。


あなたの本心はどこにありますか?誰かの意見や誰かの目を気にしすぎていませんか?これは私もそうでしたが同じような状況の人は本当に多いです。



お伝えしたい事は、嫌われる勇気です。あなたの本当の気持ちを押し殺してまで人の目を気にし、人に好かれるように努め、我慢をする必要はありません。あなたの人生は1度です。あなたが思うほど人生は長くありません。時間は有限です。


あなたが会社の事を考えた結果、辞めにくい。会社の状況を考えた結果、今辞めると迷惑をかける。今まで一緒に頑張ってきた同僚の目もある。だから辞めにくい。あなたは周りの事を考えた結果、辞めにくくなってしまった。



しかしながら、会社や同僚はあくまでも他人。あなたが辞めたい気持ちを我慢してまで会社に貢献しているのに、報われなかった。そのような状況に陥ったとしても、助けてもらえることは、まず無いでしょう。我慢して嫌な会社に残り続けた結果、人生設計が崩れてしまった。やり直したいと思っても、誰も助けてくれませんよ?すべてはあなたの選択で会社に勤め、嫌でも辞めなかった結果ですので。





会社を辞めるという事、実際に行動するのは怖い

嫌われてもいい、自分の意見を押し通す。覚悟を決めてもいざ最後の一歩を踏み出すのは本当に怖い。私自身も、会社員からフリーランスに転身する際に同じような苦い体験をしました。


上司に相談をし、辞める事を伝える。

どのように話そう?どのような順序で伝えよう?どのタイミングがいいのか?

質問や具体的な辞める理由を聞かれたらどうしよう。



辞めるという事を目の前にすると、想像以上に思う事がたくさんあります。





この時代に合った、退職代行というサービス。

  • 最近になって取り上げられるようになった退職代行

なぜ退職代行が注目されたのか、会社を辞めたいのに辞められない。上司に引きとめられた。退職を説明しても納得してもらえない。同じように悩んでいる方が多いから利用されるようになった、というのが一般的です。

そもそも会社を辞める事に関しては、何の法的拘束力もないという点に着目した法律事務所などが運営を始めました。法的に交渉を進めてくれるので、合理的に物事が進んでいきます





退職代行で辞めるのは抵抗がある。

退職代行で会社を辞めるのってアリ?

本当に退職できるの?

会社から訴えられない?

有給の消化とか離職票、源泉徴収とか

もろもろの手続きもできるの?


上記のようなお悩みはあろうかと思います。結論から申しますと、依頼する退職代行の業者によっては壁にぶつかる可能性は非常に高いです。





退職代行を選ぶ際の注意点。弁護士事務所が運営する退職代行であれば安心

▼公式サイト

  • NEXT by豊楽法律事務所

  1. 退職意思の伝達
  2. 退職日の交渉
  3. 有給消化の交渉
  4. 引継に関する交渉
  5. 私物の引き取り
  6. 貸与品の返却の連絡
  7. 離職票の発行依頼
  8. 年金資格喪失証明書の発行依頼
  9. 未払い賃金の請求
  10. 退職金の請求
  11. 損害賠償請求された場合の交渉
  12. 内容証明の送付

上記の交渉を一手に担ってくれるのが、退職代行のNEXTです。弁護士事務所が運営に携わっているからこそ、ここまで細かい交渉が出来ます。

一部の退職代行業者は、辞める事が最終の到達点になっており、交渉が成立してしまえば、その後は一切面倒を見てくれないというサービスもあります。


重要なのは退職後の離職票発行や退職金の請求、貸与品の返却に関する手続きですので、値段が安からと言って安易に選んでしまうと、失敗する可能性は非常に高いです。





退職代行の金額・費用は?

退職代行NEXTの場合

  • 退職代行プラン ¥30,000 (税別)
  • 全国47都道府県対応
  • 電話問い合わせ 可
  • メール問い合わせ 可
  • LINE問い合わせ 可

3万円の費用となると少し高いように感じるとは思いますが、3万円分の仕事をこなしてくれる企業ですので、安易に価格で比較をして安いところに申し込みをするという選択は失敗の元です。


退職代行の企業によっては、交渉してくれる範囲や対応の限界があり、退職の話はまとめたものの、その後の手続きに関しては未着手。あとは宜しくお願いしますという様な事もありますので、どこまでの範囲で対応してくれるか?退職までの交渉はもちろん、退職後の手続き、または交渉の段階でもめ事が発生した際に、法的根拠をもって対応ができるかどうか?


上記のようなポイントを加味して総合的に判断した場合に、弁護士事務所が運営している退職代行のネクストは安心できるサービスであり、3万円という費用は、しかるべき対応を取ってもらうための金額としては適正価格であり、間違いのない金額であると言えます。




詳細は公式サイトにて、手軽にラインでも問い合わせ出来るようになっております。まずは一度ご相談を。



▼公式サイト

  • NEXT by豊楽法律事務所
退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】
  • 退職意思の伝達
  • 退職日の交渉
  • 有給消化の交渉
  • 引継に関する交渉
  • 私物の引き取り
  • 貸与品の返却の連絡
  • 離職票の発行依頼
  • 年金資格喪失証明書の発行依頼
  • 未払い賃金の請求
  • 退職金の請求
  • 損害賠償請求された場合の交渉
  • 内容証明の送付

上記は、退職代行のネクストが、退職交渉に際して対応してくれる範囲となります。会社を辞めるという所までも非常に大事ではありますが、辞めた後、スムーズに再就職や失業保険を受ける為には、離職票のスムーズな発行対応が非常に重要となります。その点も退職代行のネクストであれば、離職票の発行依頼や退職金の請求など、辞めた後の重要事項まで着手してくれるサービスとなっておりますので、他の退職代行と比べても安心して利用できるサービスであり、安心できる事業者・法律事務所であると言えます。





まとめ:仕事辞めたいけど、辞めにくい

  • 嫌われる勇気も必要。あなたの人生は、あなたが主人公ですよ?
  • 今の行動が未来の結果を生む。嫌々働いた結果、後悔した人生にならない為に、今できる行動を
  • 退職代行を使うのは一つの手段。退職と言う勇気がいる行動を1人で背負わずに、法律事務所と共に闘うという選択。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTブログ運営者

yasutaka

運営者・ 地方在住29歳 発信情報・ 金融/キャッシング 職業・  フリーランス 情報源<ソース> 運営者が会社員時代に消費者金融を4社、銀行ローンを1社利用し 実際にキャッシングやローンを利用した際の実体験を元に 情報発信を行っております。