この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。



20代から30代にかけて多い、この悩み。お呼ばれ貧乏や、寿貧乏と呼ばれており収入がまだ安定していない人にとっては大きな悩みとなっています。

私も20代前半に複数回、結婚式の招待が重なり、時間やお金の確保に頭を悩ませました。そんな実体験を元に解決策を提案致します。



結婚式に招待されたけど金が無い。欠席した方がいい?


せっかく結婚式に招待されたのにお金が無い。

  • 何とかして参加はしたいけど、本当にお金が無い。

本当に悩み、対策も考えこちらの記事にたどり着いたのではないでしょうか?




欠席をするなら最低でも1カ月前には、招待者に欠席を伝えましょう。

お金がないから...なんとかならないかな?と

ギリギリまで粘って、やっぱり駄目だった。

そのような流れでギリギリになってキャンセルを伝えると

結婚式場によっては招待者1名のキャンセル料として費用を

請求されたり、最悪の場合は参加予定者の費用を全額、

新郎新婦で負担することになります。

早めに結論を出すことが重要です。

私が提案する解決策は、お金を借りる事です。20歳から30歳にかけて、この悩みは多いのではないでしょうか?



私自身、20代前半に度重なる結婚式の招待をうけて金銭的に苦しい時期を過ごしました。そんな実体験を元に情報をまとめております。





結婚式の参加費用をキャッシングで工面するのはおすすめです。

  • 選択肢は2択になるのではないでしょうか。
  1. 断りを入れて欠席をする
  2. キャッシングでお金を工面する

キャッシングするならプロミス。業界最大手の実績

 

  1. 即日融資のネットキャッシング(web完結)
  2. コンビニATMで借入可能
  3. 1万円単位で融資の希望が可能
  4. 申し込みからおおむね1時間ほどでお金を借りる事が出来ます
  • SMBCコンシューマーファイナンス

▼プロミスについて更に詳しく知りたい方へ

https://funkiseyo.jp/キャッシングのプロミスについて解説!申し込み/


断るという選択は、本当に最終手段になるでしょう。結婚式に招待をしてくれた方との間柄もあるでしょうし将来的にも、欠席したことでその人との関係を壊してしまうかもしれない。



でも、結婚式に参加する時点で沢山の費用が発生することも感じていますよね?身に着ける衣服、アクセサリー。靴はきれいかな?髪の毛だって美容室にいかなきゃいけない。


小さな出費ではないですよね?悩みの根源は、ご祝儀の三万円。だけど、出費はご祝儀だけじゃない。二次会の参加費は?交通費は?


招待のはがきが届いてから、披露宴当日までに衣服を構え、容姿を整えたらいくら必要ですか?そして、当日を迎えるとご祝儀に二次会費用。



総額いくら必要でしょうか?沢山悩み、いろいろな方法を模索されたのだと思います。なんとかこの状況を打破したい、その気持ちに私からの提案を致します。



沢山悩まれたことは十分理解しています。前に進むためのアドバイスになれば幸いです。





結婚式の参加費用をキャッシング。特別な支出だから失敗しにくい

一般的な浪費や、私利私欲の出費ではない結婚式の費用。浪費の為のキャッシングは泥沼化する可能性があります。



ですが今回は状況が違います。何度も何度も発生する支出ではありません。10万円借りて分割返済すればおそらく一年で完済できます。せっかくの晴れの舞台おもいっきりの笑顔で祝福してあげたい。


いまは大きな負担になったかもしれません。しかし、あなたが与えたお祝いの気持ちは巡り巡って、大きな幸せになりあなたに返って来る事と確信しております。


明るい表情で当日を迎えすてきな披露宴になりますように。






結婚式のお呼ばれ貧乏

20歳から30歳にかけて結婚式の招待は多くなることでしょう。その都度、お金の事で悩むのは嫌ですよね。少しでも預貯金を増やし事前準備をすることも凄く大事な事です。しかしながらお金を貯めるのは難しい。また同じように借り入れを利用するかもしれない。そのような可能性がある方に少しだけアドバイスをさせてください。


結婚式の度に5万円を借入する。招待の回数と比例し2社、3社。この借り方は信用情報にとって、ものすごくマイナスです。1社から50万円の借り入れをした方と4社から各5万円、合計20万円の借り入れをした方を比較しますと、後者の方がマイナスイメージは強くなります。




この先も借り入れをする可能性がある場合は複数の会社から小分けに借りるのではなく1社からまとめて借りる方法をお勧め致します。キャッシング、利用したいけどどのサービスを選べばいいか分からない。そんな方に、私がオススメするサービスをまとめた記事がこちらになります。

▼参考記事

https://funkiseyo.jp/キャッシング【最新版】ランキング/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTブログ運営者

yasutaka

運営者・ 地方在住29歳 発信情報・ 金融/キャッシング 職業・  フリーランス 情報源<ソース> 運営者が会社員時代に消費者金融を4社、銀行ローンを1社利用し 実際にキャッシングやローンを利用した際の実体験を元に 情報発信を行っております。